インド女将と官僚による脱水チームメートや田协欠席は否定-捜狐スポーツ-hamimelon

インドの女将さんは、役人が欠席していたということで脱水チームによって拒否された。スポーツ北京時間8月25日、リオ五輪の期間中、インドマラソンの女子選手が首を張って倒れた事件について、外部からの関心が高まっている。最近メディアの取材を受けたとき、「自分が脱水だったのはインドの役人を見つけなかったので、十分な水を飲んでいなかった」と述べた。しかしその言い方は、インドの協和彼女のチームメイトに否定された。インドの女子マラソン全国記録保持者で、昨年の北京陸上競技大会で2時間34分43秒の成績で記録され、ドーハアジア大会と釜山アジア大会で女子5000メートルと女子1500メートルの銅メダルを獲得したことがある。現地時間はち月じゅうよん日行ったRio五輪女子マラソンの試合では、贾伊莎に時間47分じゅうく秒の成績、第89衝ゴール。試合後、彼女は脱水で3時間意識不明になった。目が覚めてから、熱い言葉はもっと意外だ。彼女は、自分の脱水というのは、コース上にインドの役人がいないからである。国際的なブランドのルールによると、各国の役人はコース上で4つの補給点を確立することができて、自国の選手にブドウ糖、ハチミツ、水、その他の飲み物を提供することができます。しかし、インドの国旗を挿している空のテーブルだけを見て、インドの役人にあるべき補給がありません。これに対応したのは2.5キロおきに、他の国からの補給駅が見えます。「インドの役人はそこにいない。指定されたインドの補給点で飲み物や水を提供していない。大名は他の国での補給点に水とお菓子がある。私たちは第公的はちキロごとにいちのの給水ポイント、それははるかに足りない。私はどのように足りなく補水の情況の下で完成の公式試合から補給時のほとんどをサポートすることはできません水500メートル、炎天下に完成さんじゅうキロを過ぎての試合はほとんど不可能。」彼は試合が終わった後に少なくとも2時間から3時間意識不明になったという。この場合は彼女が約3ヶ月の時間を使って、古代インドの薬草療法を通じて体を整えることができるという。インド側の世論調査で側の非難の中に陥ってしまったのは間違いないが、インド語技術委員会主席の社長は否定的に否定している。「もし選手が個人の飲み物がなければ、私たちは休憩エリアに入らない。。」ライブラリディ-ヴァル森さんは、「いただいた公式に用いるに休み区の8つの瓶が、もし我々が個人の飲料のならば、我々はその瓶詰めしなければならないもう返して彼女たち。私たちは監督と彼女のコーチに個人の飲み物があるかどうか聞いてみました。もしあなたは個人の飲み物、休憩に入ることができない。」インドの役人が私に聞いた時、私はどんな機能飲料が必要ではないことを教えてくれた。私は試合公式の水駅から水を飲んだだけです。その日は本当に暑いですが、私はされていないかどうか聞いた水が必要。大会公式はすでに十分な手配をして,私たちの水分を確保することができた。」  (Alse)

印度女将称官员缺席导致脱水 队友和田协均否认-搜狐体育     北京时间8月25日,在里约奥运会期间,有关于印度马拉松女子运动员贾伊莎脱水晕倒的事件,就引发了外界的强烈关注。近日在接受媒体采访的时候,贾伊莎表示,自己之所以脱水是因为在比赛期间没有找到印度的官员,因而没有喝到足够的水。但是这种说法遭到了印度田协和她的队友的否认。   贾伊莎是印度女子马拉松全国纪录的保持者,在去年的北京田径世锦赛上,她以2小时34分43秒的成绩创造了这一纪录,她还曾经在多哈亚运会和釜山亚运会上分别拿到过女子5000米和女子1500米的铜牌。   在当地时间8月14日进行的里约奥运会女子马拉松的比赛当中,贾伊莎以2小时47分19秒的成绩,第89个冲过终点线。赛后她因为脱水而昏迷了三个小时,醒来之后,贾伊莎的话更加让人意外,她说自己脱水是因为在赛道上没有印度的官员为她和队友克维塔-劳特提供足够的饮水。   根据国际田联的规则,各国的官员可以在赛道上建立四个补给点来为本国的选手提供葡萄糖、蜂蜜、水和其它饮料。但是贾伊莎表示,在赛道上她只看到了插着印度国旗的空桌子,并没有印度官员在场提供应有的补给,与此相对应的是,每隔2.5公里,她就会看到来自其他国家的补给站。   “印度的官员并不在那里,也没有在指定的印度补给点提供任何饮料或者是水,大名是奇偶其他国家在他们的补给点都有水和点心。我们只有赛会官方提供的每8公里1个的补水点,那是远远不够的。我不知道我是如何在没有充足补水的情况下完成比赛的,从官方补给点拿到的水几乎支持不了500米,在烈日下完成30公里之后的比赛几乎是不可能的。”贾伊莎说,在比赛结束之后她至少昏迷了两到三个小时,这种情况导致她需要用大约三个月的时间,通过古印度草药疗法来调理身体,才能够恢复过来。   贾伊莎的话无疑让印度方面陷入了舆论的声讨当中,但是印度田协技术委员会主席库迪-瓦尔森予以坚决否认,他表示,在他们询问贾伊莎比赛期间是否需要从休息区得到任何个人饮料时,贾伊莎拒绝了。“如果运动员没有个人饮料,我们就不能进入休息区。”库迪-瓦尔森说,“我们收到了官方给我们的用于休息区的八个瓶子,如果我们有个人饮料的话,我们就必须装满那些瓶子再还给她们。我们询问贾伊莎和她的教练是否有个人饮料,她说没有。如果没有个人饮料,你就不能进入休息区。”   贾伊莎的队友克维塔-劳特也否认了贾伊莎的说法:“印度官员询问我的时候,我告诉他们,我不需要任何的功能饮料。我只是从赛事官方的水站取水喝。那天真的很热,但是我没被问过是否需要水。赛事官方已做好充分安排,能够确保我们补水了。”   (Alse)相关的主题文章: